ブログ|ワタナベ塗装株式会社

意匠性塗材の改修について

こんにちわ。

本日は意匠性塗材の改修についてお話ししたいと思います。まず意匠性塗材として代表的なものはエスケー化研のベルアートやアイカ工業のジョリパットが有名ですがこれらの改修についてか実は気を付けるべきことがあります。それは、ほんと単純なのですが、サイディングやモルタルの壁と同じ施工方法をしないということです。多くの塗装業者さんは知っていますが中には改修方法を知らずに塗装される業者さんもいます。

何が問題かといいますと、通常のサイディングやモルタルと同じように改修工事を行ってしますと、質感が大きく損なわれます。また、意匠性塗材は目に見えないような小さな穴が開いており、上から塗ると中に空気を含みます。この空気が通るようにしてあげないと塗膜の膨れなどの施工不良が起きる原因になってしまいます。実際、これらの改修後に艶が多く出ている改修は透湿性がないため、膨れのリスクが多いものになっています。

そのため、この様な意匠性塗材にはエスケー化研のアートフレッシュアイカ工業のジョリパットフレッシュを使用します。これらであれば、意匠性塗材の改修専用塗料ですので質感を損なわず、塗膜の膨れなどが起きることもありません。

もし、ご自宅がこの様な意匠性塗材をご使用されている場合はお見積り業者様のご選定にご注意ください。

 

住宅、マンション塗装のご依頼、お見積りは神戸市北区 ワタナベ塗装株式会社までお待ちしております。

野立て看板ができました

当社の野立て看板が吉尾交差点に設置されました。お近くをお通りの際はぜひご覧ください!

IMG_6318

チョーキング現象

こんにちわ。梅雨の中休みで暑い日が続きますがお元気ですか?

本日はチョーキング現象についてお話しさせていただきたいと思います。チョーキング現象が住宅の塗替えサインといわれることが多いですがそれはなぜでしょうか?

まず、チョーキング現象とは紫外線によって塗装表面の樹脂がラジカルという劣化因子の発生により分解され、顔料の劣化により粉状になることで手で触ると色のついた粉が手につく現象です。

この現象が起きることにより、撥水性能が無いのでコケやカビの発生の原因になる。コケが水を持つことで壁の剥離原因になるという悪循環が発生します。

そのため、チョーキング現象は塗り替えのサインといわれています。この様なチョーキングは高圧洗浄によりしっかりと除去することが必要です。これができていないと、施工不良の原因となります。塗装の一番の大事な作業は下地処理です。ここをしっかりとしていきたいものです。

高圧洗浄 (12)

住宅、マンション塗装のご依頼、お見積りは神戸市北区 ワタナベ塗装株式会社までお待ちしております。

コロナ禍において

皆様、お久しぶりです。当社のある兵庫県は二度目の緊急事態宣言が発令されております。当社も、感染対策をきっちりして未だに感染者なしで頑張っております。当社は現場仕事なので、テレワークも難しい状況です。

ただ、皆様においてはテレワークの期間こそ外壁塗装のタイミングだと思います普段は、外出でどのように作業が行われているか確認できませんが、在宅状況である今だからこそしっかりと作業の確認もしていただけると思います。

当社は、自信があるからこそ逆に作業を見ていただきたいと思います。何かございましたら何でもご質問ください。

皆様もお体にお気をつけてこのコロナ禍を乗り切りましょう。

 

住宅、マンション塗装のご依頼、お見積りは神戸市北区 ワタナベ塗装株式会社までお待ちしております。

 

現金負担0円リフォーム

皆様。暑い日が続きますがお体はいかがでしょうか?

こんにちわ。ワタナベ塗装株式会社です。皆様にお知らせがございます。

top1

 

というものを、扱うことが可能になりました。

スマートリノベーションのサイトへ

こちらは、現在の住宅ローンを見直して、その差額を利用して、外壁塗装、キッチン、ユニットバスなどの入れ替えなどの住宅に関するリフォームを現金負担0円でしてしまおうというものです。従来、借り換えなどは手間がかかるので諦めておられる方もいらっしゃる方には、特におすすめです。多くは、手出し0円でリフォームを行い、その上毎月のローン支払いも下がるといったケースが見られます。

riyuu6 shikumi

 

 

ローンのお支払いは毎月来るものですので、気になった方はぜひ当社に一度、ご相談してください。迅速にご対応させていただきます。

 

住宅、マンション塗装のご依頼、お見積りは神戸市北区 ワタナベ塗装株式会社までお待ちしております。

カラーベストの劣化

お久しぶりです!猛暑ですが皆さんは大丈夫でしょうか?

さて、今回はカラーベストの改修についてです。

屋根 シーラー1回目 (4) 屋根 シーラー2回目 (3) 屋根 下塗り完了

今回、施工させていただいたお宅は屋根がかなり劣化していました。そのため普段は1回塗りのシーラーを2回塗りに変更しました。見ていただければわかりますが、1枚目の画像では塗ったそばからシーラーが吸い込まれいます。

このような状態では上塗りがすぐにダメになるので必ずシーラーを2回塗りしなければなりません。

ただ、訪問販売、大手メーカーの下請けでは行わなことが多いのも事実です。この様な、現場単位で状態を見極め対処、施工できるのが自社施工の強みです。

これから、改修工事を考えていらっしゃる方は自社施工で塗装を専門にしている業者をお勧めします。きつい言い方ですが、現場を経験していない営業マンにはこの様なことはわかりません。塗装という作業は職人職です。信頼できる塗装屋にご依頼ください

長々となりましたが、皆さんお体にお気をつけて猛暑を乗り切ってください。

 

住宅、マンション塗装のご依頼、お見積りは神戸市北区 ワタナベ塗装株式会社までお待ちしております。

暖冬

おはようございます。今年は暖冬の影響で雪が全く降りませんね。現場作業としてはものすごく助かる日々が続いております。気温も高めなので材料が乾くのも例年よりも早く、作業がはかどりますね。

当社の新事務所も順調に進行しております。サンプルなども多数作る予定ですので興味がありましたら、来訪お待ちしております。

住宅、マンション塗装のご依頼、お見積りは神戸市北区 ワタナベ塗装株式会社までお待ちしております。

モニュメント改修

お久しぶりの更新です。

今年も残すところあと1週間となってしまいました。年々、一年が過ぎるのが早くなってくるのは気のせいでしょうか?来年はもっと早く感じるんですかね?

さて、今回は先日作業させて頂いたモニュメントのビフォーアフターです。近くをお通りの際はぜひご覧になってください。

工事前

IMG_1298 IMG_1296

工事後

羊の広場

スタッコによる吹付仕上げの塗り替え

こんにちは。今回は数年に建築されたお宅には多く見られるスタッコ仕上げの外壁について書かせて頂きたいと思います。

スタッコ仕上げは吹き付けガンなどを使用して模様をつけていく塗り方です。塗膜の厚みが出るため、耐用年数が伸び人気の仕上げ法でした。しかし、凹凸があるので凹凸間に汚れが溜まってしまう問題点もあります。

 

スタッコ壁の塗り替え時にサーフェーサー(エスケー化研 アンダーサーフDS)を下塗りとして塗布するのですがただ単に一回塗ればいいというわけではありません。

 施工前

IMG_9418

サーフェーサー1回目

IMG_9422

上の画像でお分かりいただけると思いますが、スタッコ壁は凸凹が多いためどうしても一度塗りではピンホールのようなブツブツが残ってしまうことがあります。この状態から仕上げ塗り塗装をしてもこのブツブツが残ってしますことがよくあります。そして、このピンホールを残したままの塗装では中の空気が塗膜を押し上げ膨れの原因になることもあります

サーフェーサー2回目

IMG_9423

そのため、当社ではサーフェーサーを二回塗することで上のようなピンホールのない下地までもっていき、中塗り、上塗りと施工させて頂きます。ここまでしなければ、お客様に満足のいく施工をしたとは言えないと思っています。

 

これから、スタッコ仕上げの塗り替えをお考えの方はこのような事も踏まえて業者様にご質問してみてください。大手ハウスメーカーの担当者さんや、訪問販売の営業マンではこのような事は分からないことだと思います。皆様のご納得のいく回答ができる業者様をお選びいただきたいと思います。

本日は長々とすいませんでした。

こんにちわ

こんにちわ。やっと雨ame02.gifが上がり現場が動き出せました。九州の方ではものすごい大雨でしたね。私の実家、宮崎も避難指示が発令されている場所だったので心配ではありましたが、大きな被害はなく一安心ですkao29.gif少しでも早く梅雨が明けて晴れの日が続いてほしいものです。皆さんも、お気を付けください‼

お見積りはもちろん無料!! 神戸市北区・三田市の塗装はワタナベ塗装にお願いいたします。