意匠性塗材の改修について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

こんにちわ。

本日は意匠性塗材の改修についてお話ししたいと思います。まず意匠性塗材として代表的なものはエスケー化研のベルアートやアイカ工業のジョリパットが有名ですがこれらの改修についてか実は気を付けるべきことがあります。それは、ほんと単純なのですが、サイディングやモルタルの壁と同じ施工方法をしないということです。多くの塗装業者さんは知っていますが中には改修方法を知らずに塗装される業者さんもいます。

何が問題かといいますと、通常のサイディングやモルタルと同じように改修工事を行ってしますと、質感が大きく損なわれます。また、意匠性塗材は目に見えないような小さな穴が開いており、上から塗ると中に空気を含みます。この空気が通るようにしてあげないと塗膜の膨れなどの施工不良が起きる原因になってしまいます。実際、これらの改修後に艶が多く出ている改修は透湿性がないため、膨れのリスクが多いものになっています。

そのため、この様な意匠性塗材にはエスケー化研のアートフレッシュアイカ工業のジョリパットフレッシュを使用します。これらであれば、意匠性塗材の改修専用塗料ですので質感を損なわず、塗膜の膨れなどが起きることもありません。

もし、ご自宅がこの様な意匠性塗材をご使用されている場合はお見積り業者様のご選定にご注意ください。

 

住宅、マンション塗装のご依頼、お見積りは神戸市北区 ワタナベ塗装株式会社までお待ちしております。